「肩こり解消」には血流を良くすることがカギだった!?

他の記事でも紹介しているように、肩こりが起こる原因は肩や首まわりにの筋肉の内部の血管が収縮することによって、血液の流れが悪くなり、筋肉が緊張することで、筋肉疲労が蓄積され「肩こり」という症状があらわれてきます。ということは、血液の流れを良くすることで肩こり改善につながるのではないか?と考え、いろいろ調べたところ、どうやら水素が血液循環を活性化させるということがわかりました。
そこで、水素関連商品や製品を調べたところ、「スイソニア(suisonia)」という水素ガス引入器があるのをみなさんはご存じでしょうか?なぜスイソニアで得られる水素が血液循環を良くし、肩こり改善に導いてくれるかをまとめました。

なぜ水素は体にいいの?

水素
水素が注目され始めたのは、2007年に日本医科大学の太田成男教授らによる論文が、世界的にも権威のある医学雑誌「Nature Medicine」に掲載され、「水素にはまったく新しい概念の抗酸化作用があり、将来の医学に適用可能である」ということを発表した事がきっかけで、水素に対する新しい見方「美容と健康」が広まっていきました。抗酸化作用というのは、病気の原因の9割を占める活性酸素のはたらきを抑制することをいい、水素はその抗酸化力が他の抗酸化物質より桁違いの効果を発揮することから、健康促進や体の調子の改善、病気の症状の軽減など、さまざまな大学や医療機関などでも研究や臨床実験がされ「水素」の効果・効能に関しては今や世界中で認められ始めているのです。

スイソニア(suisonia)とは?

水素ガスを作り出すことのできる精密機械のことで、そのスイソニアで作られた水素ガスを呼吸によって体内に「水素」を送り込むことができるというものです。多数の医療機関や、大学の研究チームなどとの連携によって、安全で安定的に水素ガスを生成することができる製品として、スイソニアの可能性や有用性がどんどん広まっています。また、多くの芸能人も愛用しており、美のカリスマと呼ばれる「GENKING」、健康美容オタクで水素マニアで有名な「藤原紀香」、歌手の「倖田來未」、メジャーリーガーの「岩隈久志」もスイソニアの魅力に気づいて水素ガス吸引を行っています。特に「GENKING」がTV番組で何度か紹介したことでも注目を集めました。

スイソニアで肩こり解消!

解消
スイソニアで定期的に高濃度の水素を摂取することができれば、肩こりの原因といわれている血官の収縮を軽減させ、肩こり解消につなげることができます。また、血液がきれいに活発になることで、病気になりにくく健康維持に大きく役立てることができます。水素の効果は素晴らしいですが、すべてが良い製品とは限りません。ぜひ自分の目で見て触ってその効果を実感してください。